現金化を利用する人たち

キャッシング機能以外にも、クレジットカードで現金を得る方法があります。それは『現金化』です。ショッピング枠を活用した現金化には貸金法の影響が及ばず、また金利が低いことから利用者は増加傾向にあります。

 利用者が増加する背景には、総量制限(返済能力に関わらず、融資は年収の三分の一までとする)も関係しています。これは、多重債務者を救済する目的で定められましたが、無関係の―正しく借り、正しく返済していた―人を巻き込む結果となり、融資先を失った人で溢れました。

 その溢れた人たちが行きついた先が、クレジットカードの現金化です。現金化はショッピング枠の限度額いっぱいまで指定することが出来、当月の残高さえあれば何度でも申し込めます。何より、金利が低いため利息に苦しむことがありません。キャッシングの金利は20%近くありますが、ショッピング枠の金利は僅か5%です。

 現金化は、本人名義且つ国内で利用可能な状態であるクレジットカードと、本人確認を行える書類または証明書、現金を受け取るための銀行口座さえあれば申し込めます。

 手続きは迅速に行われ、即日を指定すれば当日中に入金されます。なお一連の手続きは『買い物』として処理されるため、返済(支払)先はクレジットカード会社です。

 なおクレジットカードは、買い物専用のタイプでも問題ありません。いずれも限度額-当月の残高が申込み可能の額になるので、その点だけご注意ください。